FC2ブログ

スマイル日記 みんなのブログ

教室での出来事、先生・生徒さんの面白話、中国語のワンポイントレッスンなどを気楽に綴っています。

中国の現代詩

皆さん:

  こんにちは。そろそろ仕事終わるところですね。お疲れ様でした。
今日は、みんなに私が一番好きな中国の現代詩を紹介したいです。
徐 志 摩 の「 再 别 康 桥 」「さらば、ケンブリッジ」です。「人間四月天」というドラマから、初めてこの詩を知りました。

  「 康 桥」は、イギリスのケンブリッジです。徐 志 摩さんは、イギリスに留学しにいきました。中国に帰る前にこの詩を書きました。留学先のケンブリッジでの思い出を「再別康橋」として発表した後、36歳のとき飛行機事故で落命。
恋多き放浪詩人の最後が飛行機事故で、ドラマチックを絵に描いたような生涯の中、魅力溢れる詩を書き続けました。
次は、私と一緒にこの詩を読んでみましょう


Xú zhì mó Zài bié Kāng Qiáo
徐 志 摩 《 再 别 康 桥 》

徐志摩 「康桥との再别」


Qīng qīng de wǒ zǒu le zhèng rú wǒ qīng qīng de lái
轻 轻 的 我 走 了 , 正 如 我 轻 轻 的 来 ;

Wǒ qīng qīng de zhāo shǒu zuò bié xī tiān de yún cǎi
我 轻 轻 的 招 手 , 作 别 西 天 的 云 彩 。

軽くぼくは去ってしまう   ぼくが軽く来たる如し
ぼくは軽く手を招き   天辺の彩云に别れの挨拶をする


Nà hé pàn de jīn liǔ shì xī yáng zhōng de xīn niáng
那 河 畔 的 金 柳 , 是 夕 阳 中 的 新 娘 ;

Bō guāng lǐ de yàn yǐng zài wǒ de xīn tóu dàng yàng
波 光 里 的 艳 影 , 在 我 的 心 头 荡 漾 。

その河畔の金柳は  夕焼けの中のお嫁様であろう
波光中の艶姿の影は  ぼくの心中で荡揺する


Ruǎn ní shàng de qīng xìng yóu yóu de zài shuǐ dǐ zhāo yáo
软 泥 上 的 青 荇 , 油 油 的 在 水 底 招 摇 ;


Zài kāng hé de róu bō lǐ wǒ gān xīn zuò yī tiáo shuǐ cǎo
在 康 河 的 柔 波 里 , 我 甘 心 做 一 条 水 草 !


软泥の上のあんずは   油油と水底で振る舞う
康桥乃软波の中で   ぼくはむしろ一本の水草になりたい


Nà yú yīn xià de yī tán bú shì qīng quán
那 榆 荫 下 的 一 潭 , 不 是 清 泉 ,

Shì tiān shàng hóng róu suì zài fú zǎo jiān chén diàn zhe cǎi hóng shì de mèng
是 天 上 虹 揉 碎 在 浮 藻 间 , 沉 淀 着 彩 虹 似 的 梦 。



その楡の阴の下の潭水は  清泉ではなく
天辺の虹が浮游藻の间に散らばり   虹のような夢を沈ませているのだ

Xún mèng Chēng yī zhī cháng gāo xiàng qīng cǎo gèng qīng chǔ màn sù
寻 梦 ? 撑 一 支 长 篙 , 向 青 草 更 青 处 漫 溯 ,


Mǎn zài yī chuán xīng huī zài xīng huī bān lán lǐ fàng gē
满 载 一 船 星 辉 , 在 星 辉 斑 斓 里 放 歌 。



夢探し? 一本の长い蓬を支え  青草の青い奥迄伸びと遡り
星の清辉を船に満载しながら   星の清辉の中で放歌するのでは

Dàn wǒ bù néng fàng gē qiāo qiāo shì bié/biè lí de shēng xiāo
但 我 不 能 放 歌 , 悄 悄 是 别 离 的 笙 箫 ;

Xià chóng yě wèi wǒ chén mò chén mò shì jīn wǎn de kāng qiáo
夏 虫 也 为 我 沉 默 , 沉 默 是 今 晚 的 康 桥 。



けれど、ぼくは放歌するつもりはない  静かは別離の笙なので
夏虫もぼくのために沈黙している  沈黙こそ今晩の康桥なのだ


Qiāo qiāo de wǒ zǒu le zhèng rú wǒ qiāo qiāo de lái
悄 悄 的 我 走 了 , 正 如 我 悄 悄 的 来 ;


Wǒ huī yī huī yī xiù bú dài zǒu yī piàn yún cǎi
我 挥 一 挥 衣 袖 , 不 带 走 一 片 云 彩 。
静かにぼく去ってしまう   ぼくが静かに来たる如し
ぼくは袖を揺らし揺らし  一片の彩云も連れていかない


http://www.tcs-languagestudy.com/zaibiekangqiao.html
このアドレスにアクセスして、上の詩と音声を確認できますので、気になったら、是非聴いてみてください。
スポンサーサイト



  1. 2014/07/25(金) 16:15:39|
  2. 中国のニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinasmile.blog82.fc2.com/tb.php/338-5e5c2520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)