スマイル日記 みんなのブログ

教室での出来事、先生・生徒さんの面白話、中国語のワンポイントレッスンなどを気楽に綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

士林夜市

日本人観光客で、台湾の「夜市」に行かない人はほとんどいないでしょう。中でも「士林夜市」は、台湾最大規模を誇る夜市。京都から来た友人が「祇園祭り」みたいね、徳島から来た幼馴染が「阿波踊り」みたいーと言ってくれた日本ならお祭りでしか見られないようなにぎやかさが、ここ「士林夜市」では、連日連夜!旧正月以外は年中無休!で繰り広げられています。人ごみに紛れてしまったら、あなたならどうする?皆と同じものをとりあえず食べちゃおう?大きな当たり外れはないかもしれませんが、できれば老舗だったり、有名だったり、地元民に愛される屋台にトライしてみたいですよね!台北ナビは、巨大な士林夜市の食べ物エリアを3つに分け、各エリアで評判の屋台を7店ずつご紹介します!
MRT「劍潭」駅を降りると、目の前にあるのが「士林観光市場」。日本統治時代から87年間栄えてきた大南路の士林市場は、2002年台北市政府によって撤去され、現在の文林路と基河路の交差点にある「士林観光市場」に生まれ変わりました。中で屋台を持つ人たちに聞いてみると、2010年には元の大南路に戻り、この場所は「台北芸術中心」として生まれ変わるそう。それゆえか、ここは「士林臨時市場」とも言われています。いつの日か元の場所に戻っても、夜市精神は不滅。今の屋台とそこで働く人たちにはまた出会えます。
MRT劍潭駅から文林路をまっすぐ行くとぶつかるのが「陽明戯院(映画館)」。1970年代に陽明映画館ができて、周囲には屋台が集結、第二の士林夜市が誕生しました。その昔或いは今でも地方の映画館は、何かを食べながら映画を観るというのが台湾人の常。鶏の足をチュバチュバしたり、臭豆腐を充満させたり、映画館の中はいろんな匂いの密集地帯となります。映画館付近を中心に発展していった夜市、その歴史は40年足らず。今では、文林路と大東路をつなぐ道の両側も屋台だらけ。
士林夜市の発祥地はここ「慈誠宮」廟付近で、その歴史は90年あまり。日本統治時代の大正3年(1914年)に廟前は市場となりました。それ以前は大東路と大西路が肉、大南路は野菜と花。大北路は薬、魚、野菜が中心の市場で、廟の前は農業漁業の交易広場だったそうです。時代とともに市場は夜も繁栄し、夜市へと発展。その後士林夜市は「鬼仔市」(幽霊市)と言われるほどの屋台の多さとなり、廟の前から徐々に基河路の方向へも伸びていきました。
[夜市に挑む前の予備知識]
★夜市の屋台で座って食べることを予定している人は、どの屋台もアルコール販売をしていないので、
  ビールなどはコンビニで買って持参!
★隣や近くの屋台のものが食べたくなったら先払いして、自分が座っているところまで、出前してもらいましょう!
★ベビーカーは押しにくいです。子供さんの手は離さないように!
★歩きやすい靴と動きやすい服で行きましょう!
★スリもいます。高価なものは身につけて行かないように!バッグが切られることもあるので、気をつけて!
★トイレが少ない!夜にはMRT劍潭駅のトイレにも長い列ができます。トイレは事前に済ませておきましょう!
★食べ歩きは手がべちゃべちゃになったりするので、ウェットティッシュがあると便利!
★むやみやたらと値切らないこと!嫌がられます。買いたいものだけにしましょう!

甘い味は、花生(ピーナツ)、芋頭(タロいも)、芝麻(ゴマ)、豆沙(小豆) 、椰子の5種類で、塩味は、カレーなど全部で6種類。30年以上の老舗です。ナビ的に見ると、油で揚げたお菓子に油系のお菓子を包んでいる風なので、中華系スイーツが好きな人には、満足できるお菓子かと思われますね。地元民は大好きなようで、皆食べ歩きしてたりします。冷めると油の味がもっと感じられるので、あったかいうちにどうぞ。6個買うと1個おまけ
スポンサーサイト
  1. 2016/09/14(水) 12:20:04|
  2. 我愛台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinasmile.blog82.fc2.com/tb.php/769-2eb07c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。