FC2ブログ

スマイル日記 みんなのブログ

教室での出来事、先生・生徒さんの面白話、中国語のワンポイントレッスンなどを気楽に綴っています。

いいお天気です

久しぶりの洗濯日和だ!!!!(^-^)嬉しい!!!
13時の出勤なので、午前中は時間との戦いでした。

前回に続いて、今日は補語について少し勉強したいです。
以下は要約したもので、お役に立てれば嬉しいです。

数量補語とは、動詞の後ろに置かれて動作・行為の回数または継続時間のことをいいます。
一、種類、数量補語には2種類あります。
?動量補語:動作行為の回数を表し動量詞が使われる
?時量補語:動作行為の時間・期間を表し時量詞が使われ
二、目的語との関係
1、目的語なし
目的語がない場合、数量詞は動詞の後ろに置かれます。
 動量補語の語順:主語+動詞+動量補語。
 例:我去過两次。
 時量補語の語順:主語+動詞+時量補語
 例:我等了半个小時
2、目的語あり
 目的語があると動量補語と時量補語で語順が変わります。
?目的語が名詞の場合2パターンあります。
 主語+動詞+目的語+動詞+数量補語
 例:我学漢語学了两年
 主語+動詞+数量補語+目的語
 例:我学了两年漢語。
?目的語が人称代詞の場合
 主語+動詞+目的語+数量補語
 例:我在上海見過他一次。  
?目的語が人称代詞ではない場合
 時量補語を動詞と目的語の間に入れてもよいです。また時量補語と目的語の間に「的」を入れてもよいです。
 例:他毎日看3个小時電視。
?目的語が人名・地名などの固有名詞の場合
 主語+動詞+数量補語+目的語
 主語+動詞+目的語+数量補語の両方が使えます。
 例:我去過一次美国。と 我去過美国一次。 
?その他
 目的語が複雑、或いは目的語を強調したい時には、よく目的語を文の最初に用いる。
 例:美国電影我看過两次。
スポンサーサイト



  1. 2008/10/02(木) 16:39:09|
  2. 中国のニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chinasmile.blog82.fc2.com/tb.php/77-1b878225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)